兼六土地建物は耐震性能の高い家造りを得意としています。
日本はいつ大地震が起こってもおかしくない状態で、近いうちに大規模な地震が起きると予測されています。
阪神大震災や東北大震災から学ぶべき事は、地震に備えた家造りを行う事です。
兼六土地建物は、震度6強でも倒壊しないK-NET工法で家を建てる事が出来ます。
次世代軸組ピン工法で強固な構造体を作る事が出来ますので、地震が起きた時でも家が倒壊する事が有りません。
家の中で周りに家具などが無い所に居れば安心ですので、大切な家族の命を守る事が出来ます。
また、耐火性能にも優れていますので、災害時や万が一の火災の時などにも被害を抑える事が可能です。
命の次に大事なのは財産ですから、それらを守る事が出来る家こそが、最も優れた家と言えるでしょう。
耐震性能や耐火性能が高く、災害に強い一戸建て住宅を造れる所は多く有りません。
高い技術力を持った兼六土地建物だからこそ、優れた家を建てる事が出来ます。