世間ではインターネットや電子マネーの急速な普及により、そう遠くない将来にでもお金という概念が覆るんじゃないかとさえ思われてきます。
その最たるものがインターネット上の仮想通貨であるビットコインが筆頭にあげられます。
一般的な電子マネーというものは、例えば楽天edyや、nanacoなどがそれに当てはまります。
それらは店舗で1000円=1000ポイントという形で現金をポイントへ変換するものです。
そしてそのポイントを取り扱う店舗でのみ支払いとして利用可能という形で消費していくものです。
あまりメリットが無いのでは?と思えますが、こうした電子マネーはいわばその発行元に購入しているので、店舗側は売り上げとして計上できます。
また、ポイントを利用してもらうことで付加ポイントも付け加えて利用者を増やそうとするのがこうした電子マネーです。
対して仮想通貨というものでは、この発行元が存在しません。
まさしくネット上での仮想通貨です。
電子マネーでは第3者へのポイント譲渡はできませんが、ビットコインでは第3者への譲渡が可能です。
つまり目に見えない現金と同じな状態なわけです。
このビットコインが普及すれば紙幣を印刷するコストも無くなり、また世界共通通貨として普及すれば現金を両替することなく共通通貨として利用できるため、手間もかからなくなります。
今はまだ世界的に普及しているとはいい難いですが、将来的なことを考えチェックしておくのも必要でしょう。