水素水健康法のメカニズムは、酸化と還元の両作用にポイントがあります。
酸化というのは酸素と結合する作用で、金属がさびてしまうのは代表的な酸化です。
酸素には強い酸化力があります。
生きていくためには常に呼吸をして酸素を取り込み、いらない物として二酸化炭素を吐き出していますが、呼吸の度に吸った酸素は一部が体内に残ることがわかっています。
この残留酸素も酸化パワーを持っていますから、溜まった酸素は長年の間に細胞を酸化させてしまいます。
酸化した細胞はターンオーバーしにくくなるために、老化が進行したり病気になりやすい体になってしまいます。
これが活性酸素で、体のサビと言われる理由です。
一方還元というのは酸素が起こす酸化作用の正反対の化学反応で、わかりやすく言うと酸化したものを元通りに戻す働きです。
水素水健康法では、この水素の持つ強い還元パワーを応用しています。
水素が溶けた水を飲んで体内に入った水素は、活性酸素を見つけるとこれに取り付いて無害な水に変えて取り除きます。
水素が溶けた水を生活に取り入れるだけなので無理なく続けられますが、ここで水素には分子が小さくて軽いために空気中に逃げやすいという特徴があります。
ボトルなどからも空気中に出ていきやすいため、これを防ぐ容器がいろいろと工夫されて発売されています。
また、水素水サーバーがあれば普通の水に水素を溶かしていつでも新鮮な水素が溶けた水を飲むことができます。
水素水の効果を比較|実際に購入して水素濃度を測定