尖圭コンジローマという性病は、ヒトパピローマウイルスというウイルスが原因となる性病になります。
このヒトパピローマウイルスには良性のものと悪性のものの二つに分類されるのですが、良性のヒトパピローマウイルスは尖圭コンジローマの原因になり、悪性のヒトパピローマウイルスは子宮頸がんの原因になります。

感染経路は、セックスなど人の皮膚や粘膜の傷などから感染する場合が多くなっております。
また、フェラチオやクンニなどのオーラルセックスでも口に感染する可能性があります。
また、尖圭コンジローマという性病が恐ろしいのはこれらの性行為だけでなく、公衆浴場などでも感染することがあるので注意が必要になります。

尖圭コンジローマは、治療を行わなくても1年くらいで自然治癒するケースもありますが、再発することも多い病気です。
尖圭コンジローマの予防で最も有効なのはコンドームですが、コンドームを着用していたとしてもコンドームに覆われていない部分から感染してしまうケースもありますので注意が必要になります。
基本的にはパートナーと一緒に検査をする事によってリスクを減らす事ができます。
病院や保健所に行き検査するようにしてください。
また、検査キットなどの情報は、性病検査キット 楽々確認術で紹介されていますので参考にしてください。


詳しくはこちら