内藤まろさんは映像作家や文筆家、イラストレーターなど様々な肩書きを持つ日本のアーティストです。
カンヌ広告賞やニューヨークADC賞等数々の賞を受賞し、世界に認められています。
そんな内藤まろさんの映像作品にNHKプチプチアニメがあります。
NHKプチプチアニメとは1994年からNHK教育テレビで放送されている5分間のショートアニメです。
その番組で彼は教育的に素晴らしい作品を手がけています。
1つ目はしりとり王国です。
ストーリーが進むにつれて様々な動物がでてくるのですがその動物たちの名前がしりとりでつながっていて視ているこどもたちは次にどんな動物が出てくるのか考えながら楽しむことができます。
想像力を育むすてきな作品です。
2つ目はレスキューYoYoです。
ブリキで造られたロボットレスキュー隊員のYoYoが、トラブルを抱えている人からの電話依頼を受けて問題を解決していくというストーリーで、主人公のなんともいえないかわいさもさることながら道徳的に大切なことをこどもたちに教えてくれます。
3つ目はつながるアニマル たすけあいです。
雪解け間近の森の地下でお互いに助け合って暮らしている動物たちの「つながり」をテーマにした物語で5分という短い時間でつながりの大切さを教えてくれます。
NHKプチプチアニメにおける内藤まろさんの作品はどれも優しく心を豊かにさせるものであり、このような作品を作れる人だからこそ映像、文筆、イラストレーション等数々の分野で成功を収めているのでしょう。