強力な暗号アルゴリズムを持つことで公平性・安全性を確保し、流通量を限定することで市場価値を維持、金融機関を通さず取引ができるため取引コストも最小限で良い、このような他の通貨にはない魅力を兼ね備えている仮想通貨がビットコインです。
この優秀な仮想通貨ビットコインの誕生には諸説あります。
ある人物が、インターネット上に公開した論文がスタートだということはわかっています。
その人物とは、中本哲史という人物なのですが、この人物が実在している確証はどこにもありません。
日本のある大学の教授だという説もありますが、ハッカー集団が作ったとか、どこかの政府が作ったなどさまざまな説があるため、今でもハッキリしたことはわかっていません。
しかし、論文の内容はかなりすぐれていて、それを実際に実行にうつされるのは時間の問題だったでしょう。
現在、多くのサポーターに支えられ、ビットコインのシステムが維持されています。
多くのPCが協力してネットワークを維持しているため、分散型デジタル通貨と呼ばれています。
誰かが統率しているわけではありませんが、最初の論文の理論が優れているため、その理論道理に運用されている限りこれからも安全に流通していくであろうことは確かです。