後遺障害の異議申立は、非常に専門的な知識が必要になるのをご存知ですか?
異議申立は書面のみで行われます。
実際に本人が認定された等級でどのように不自由な思いをしているにか、なぜ適正でないと思うのかなど直接訴えることはできません。
後遺障害を認定された時の診断書と医療記録に加え、認定が適正でないという理由や認定機関の誤っている内容を明確にし、詳細で説得力のある書面を作成する必要があるのです。
そのため、なんの知識も持たない人が異議申立を行っても等級の変更がされなかった事例もたくさんあります。
ですから後遺障害サポートドットコムを利用して、専門弁護士の力を借りることをおすすめします。

後遺障害サポートドットコムでは豊富な知識と経験をもつ弁護士がフルサポートしてくれるため、等級に変更で賠償額を増額できたという案件実績を数多く持っています。
認定を受けた際の医療記録を徹底的に調査し直し、異議を申し立てる理由を明確に書面にしてもらうことができるんです。
また、新たな検査が必要となった際は診断書に明記して欲しい内容をしっかりと専門弁護士が説明してくれますから、診断書に内容に誤りがあったなどということも防げるでしょう。
たとえ等級が変更されなくても、その後の示談交渉などすべてサポートしてもらえますから安心です。
まずは後遺障害サポートドットコムで無料診断をしてみましょう。