交通事故には必ず、加害者と被害者が存在し、平たく表現すれば、事故の原因の割合がどちらにどれだけ存在するのか、すなわち過失割合の検証作業からの確定など、複雑な検証作業が求められます。
然るべき担当者の検証からの最終判断が、その後の賠償問題や示談金の金額にも大きく影響するため、明らかな自身からの過失を最大限回避する意味でも、日常からの十分な注意と正しい判断と行動が欠かせません。

交通事故と耳にすれば、多くの方が自動車が絡むアクシデントを連想しがちですが、近年無視出来ないのが自転車が絡む事例です。
自転車のマナーの悪さ、特にスマホやゲームに興じながらの乗車や、小さな子供を複数乗せての電動機自転車での極端な加速や、乗り入れ自粛区域での走行が原因と特定される事故が急増中です。
更には裁判に持ち込まれての判例では、従来の自転車による人身事故では見られなかった、高額賠償金額の判決が下されたケースも見られるなど、ハンドルを握る場面以外でもリスク管理が重要となっています。
加害者被害者いずれの立場に置かれてしまったにせよ、賠償金の上昇が見過ごせぬ状況下、私達は万一に際しての周辺関連知識からも意識が外せません。


交通事故の示談金の相談なら賠償金算定センター